Blog運営

《初心者向け》BackWPupの復元方法を解説

「BackWPup」でバックアップしたデータを「復元(リストア)」する方法について、画像を使いながら順を追って丁寧に解説します。

大まかな流れ
  1. バックアップデータのダウンロード&解凍
  2. 必要なファイルをサーバーに上書きアップロード
  3. データベースのバックアップファイルをインポート

 

《初心者向け》BackWPupでWordPressをバックアップ!設定方法や使い方を丁寧に解説WordPressのバックアッププラグイン「BackWPup」の設定方法や使い方を、画像を使って丁寧に解説しています。...

 

前提知識

実は、「BackWPup」プラグインには、無料で復元する機能はありません
そのため、復元は手動で行うため、上記のスキルが必要となります。

必要なスキル
  1. 「WordPress」にログインできる
  2. 「WordPress」の設置サーバーに接続できる
  3. 「phpMyAdmin」にログインできる

 

バックアップデータのダウンロード


WordPressの管理画面にアクセスし、サイドメニューの「BackWPup」>「バックアップ」をクリック。

バックアップの一覧が表示されるので、「ダウンロード」リンクをクリックします。

ダウンロードしたバックアップデータは圧縮されているため、解凍しておきましょう。

 

サーバーにアップロード(上書き)

下記のファイル以外をサーバーにバックアップデータを上書きアップロード。

このファイルをアップロードしない
  • backwpup_readme.txt
  • ***.sql
  • manifest.json
  • ***.pluginlist.***.txt

※「***.sql」については次のステップで利用します(捨てないで!)

 

データベースの上書き

契約サーバーにログイン

  1. 「契約サーバーの管理サイト」にログイン
  2.  「phpmyadmin」リンクをクリックし、ログイン

ユーザー名とパスワードには、それぞれMySQL データベースのユーザー名とMySQL データベースのパスワードを入力します。
もしわからない場合は、wp-config.phpをテキストエディターで開いて確認してください。

phpMyAdminで、データベースのインポート

  1. 復元したいデータベーステーブルを選択
  2. 「インポート」タブをクリック
  3. データベースのバックアップファイル「***sql」を指定
  4. 「ファイルの文字セット」を「utf-8」
  5. 「フォーマット」を「SQL」
  6. 「エンコーディングへの変換」を「なし」
  7. 「実行」ボタンをクリック

以上で、WordPressのバックアップデータの復元作業は完了です。

確認

最後にすべてのページが問題なく表示されているか、文字化けを起こしていないかどうかなどチェックしておきましょう。