Internet Explorer(IE)と Microsoft Edge どちらを使うべき?!

Internet ExplorerとEdge、どっちを使うべき?

これまでと違いWindows10では、異なるバージョンのブラウザが2つ搭載されています。

1つはおなじみの「Internet Explorer 11」
もう1つは新ブラウザ「Microsoft Edge」です。

『これ、どっちを使うべきなの?』って思った事ありませんか?

結論から申し上げると「Microsoft Edge」です。

アプリが「Microsoft Edge」に非対応な場合は「Internet Explorer 11」も必要になってくるため、安易にアンインストールしてはいけません。

特に仕事で使う業務アプリは、「Microsoft Edge」に非対応な場合がまだまだあります。

結論
  • Microsoft Edgeをメインに使う
  • Microsoft Edge非対応のアプリを使用するときだけInternet Explorer 11を使う

ブラウザの開発元であるMicrosoft社の見解

Microsoft Edge、Internet Explorerの生みの親であるマイクロソフト社も「Microsoft Edge」を使うことを推奨しています。

このように、Windows 10 においては、Microsoft Edge と Internet Explorer というふたつのブラウザーが搭載されていますが、弊社としましては、Internet Explorer との後方互換性が必要な業務 Web システムには Internet Explorer を利用いただき、Internet Explorer でなければならない場合以外は Microsoft Edgeをご利用いただくことを提案してきました。

引用元:https://docs.microsoft.com/ja-jp/archive/blogs/jpieblog/internet-explorer-support

Windows10でInternet Explorer(IE)を使う方法

Windows10の標準ブラウザは「Microsoft Edge」ですが、非対応のアプリを利用する際は「Internet Explorer(IE)」を使用する必要があります。

それではWindows10で「Internet Explorer(IE)」を起動する2つの方法をご紹介します。どちらも簡単3ステップです。

Windowsのスタートメニューから起動


  1. 「Windows10」を起動し、画面左下の「Windowsアイコン」をクリック
  2. 「Windowsアクセサリ」をクリック
  3. 「Internet Explorer」の起動アイコンをクリック

 

Microsoft EdgeからIE11を起動する方法

  1. 「Microsoft Edge」の画面右上の「・・・」ボタンをクリック
  2. 「その他のツール」をクリック
  3. 「Internet Explorerで開く」をクリック

 

おまけ

私はMacユーザーですが、仕事でWeb制作をする際にはWindowsでの動作検証も行います。

ブラウザのシェア的に「Chrome」を基準に制作し、「Safari」「FireFox」で検証し、最後の締めに「Edge」と「Internet Explorer」をチェックしています。

ちなみに、Chrome、Safari、FireFoxの検証で不具合が生じることはまずありませんが、Microsoft製はまだまだ厄介という印象がありますね。

↓ブラウザのシェアに関する記事はこちら
ブラウザシェア ブラウザのシェアを調べる方法(国内・海外)

今回は以上です。
最後まで読んで頂いてありがとうございました。