ブログの始め方

独自ドメインと共有ドメインの違いを理解しよう!

独自ドメインと共有ドメインの違い

こんにちは! まついんぐ@ma2iing)です。

「ドメイン」には、「独自ドメイン」と「共有ドメイン」があります。

今回は、その違いについてご紹介したいと思います。

ドメインとは?

Webサイト(ホームページやブログ)のURLの一部でインターネット上の住所にあたるものです。同じドメインは2つとありません。

<例> https://www.ma2i.com

※赤字部分がドメイン名

 

独自ドメイン

独自ドメインは、有料で取得する世界で1つしかないドメインでのことです。

メリット
  • ユーザーに覚えてもらいやすい
  • 差別化、ブランド化を図りやすい
デメリット
  • サーバーに設置する手間がかかる
  • 維持管理費がかかる

ドメインの種類にもよりますが年間1,000円程度の維持費ですし、サーバーに設置する手間はありますが、契約するサーバー会社がしっかりと手順をマニュアルとしてWebで公開しているため、それほど気にならないレベルかと思います。

それよりも独自ドメインで得られるメリットの方が大きいです。

 

共有ドメイン

共有ドメインは、レンタルサーバーや無料ブログサービスなどで無料で利用できるドメインです。

レンタルサーバーの運営会社などがサービスとして提供しているドメインのため、任意の文字列をサブドメインとして自由に指定することはできますが、必ずサービス運営会社所有のドメインを利用することになります。

<例> http://【任意の文字列】.【共有する文字列】.【com】

下記はレンタルサーバー会社と契約することで無料提供される共有ドメインの一例です。

契約サーバー 無料でもらえる共有ドメイン
エックスサーバー http://【任意の文字列】.xsrv.jp
ヘテムル http://【任意の文字列】.heteml.net
さくらインターネット http://【任意の文字列】.sakura.ne.jp

もう一つの特徴として、共有ドメインは契約先以外のサーバーでは使用できません。

例えば、レンタルサーバーを契約して無料提供される共有ドメインは、レンタルサーバーを解約すると使えなくなってしまい、共有ドメインを他社サーバーで使うこと(サーバー移転)はできません。

メリット
  • 無料
デメリット
  • 共有ドメインを他のサーバーで使えない(サーバー移転不可)
  • サーバーやブログなどの運営会社がサービスを終了したら、使えなくなる。

 

まとめ

まとめ
  • ドメインはインターネット上の住所
  • 独自ドメインと共有ドメインがある
  • 共有ドメインは無料だが致命的なデメリットがある
共有ドメイン 独自ドメイン
マンション(1つの住所を複数人で共有) 戸建て(1つの住所を単独で占有)
無料 有料
サーバーとの紐付けが不要 サーバーとの紐付けが必要
提供会社の意向で突然使えなくなる可能性あり 差別化、ブランド化を図りやすい

いかがでしたか?
今回は独自ドメインと共有ドメインについてまとめてみました。

私の考えとしては、共有ドメインは一時的な利用に限定し、長期にわたって育てていくブログ運営にはオススメしません(無料は魅力的ですが…)

ドメインの取得は、お名前.comムームードメイン が人気です。

今回は以上です。
まついんぐ@ma2iing)でした!
mahalo 👋