Blog運営

SSLって何? 私に関係あるの?

SSL

こんにちは! まついんぐ@ma2iing)です。
今回はSSLについてサクッとまとめたいと思います。

SSLの意味

SSLとは、Secure Sockets Layer の略で、 インターネット上でやりとりされる情報を暗号化し、第三者によるデータの盗聴・改ざんを防止する技術のことです。

SSLに対応しているウェブサイトでは、クレジットカード番号や住所などの大切な個人情報を入力しても、その情報は暗号化されて安全に取り扱われるため、訪問者のプライバシーを守ることができます。

 

SSLの導入メリット

悪意のある第三者の脅威から守る

通信が暗号化されることにより、「なりすまし」「改ざん」「盗聴」といった脅威を回避することができます。

お問い合わせフォーム、お申し込みフォーム、ショッピングカートなどで、お客様の個人情報を扱うウェブサイトでは導入が必須です。

信頼と安心のおもてなし

ウェブサイトは、訪問者をおもてなしする場所でもあります。

SSLを導入することで、アドレスバーには鍵マークが表示され、URLの表記は「https://〜」になります。

これはセキュリティ対策に積極的に取り組み、訪問者に対して安全に利用できるウェブサイトであることの証であり、ブランド力を高める効果にも繋がります。

SEO効果

GoogleではSSLを導入したウェブサイトを優遇する方針を公式に発表しており、同様のコンテンツであれば、SSLを導入してるウェブサイトの方が上位にランキングされるようになります。

SSLを導入しないことはビジネスにおいて大きな機会損失ということですね。

 

ウェブサイトがSSLを導入しているかを見分ける方法

国内・海外ともに、トップシェアの利用者数を占めるGoogleのブラウザ「Google Chrome」をお使いの方は、見分け方はとても簡単です。

SSL対応サイト

SSL対応サイト

安全なウェブサイトの証として、URLに「鍵マーク」のアイコンか表示されます。Googleは『安全なSSL通信をするのは当たり前』という意図から非常にシンプルで自然な表現を採用しています。

SSL未対応のサイト

SSL未対応のサイト

SSLに対応していないウェブサイトでは、URLの先頭に『保護されていない通信』という警告が出てしまいます。日本語で表記されると流石に目立ちますね…

SSL未対応のサイトでフォームを入力

SSL未対応のサイトにて、フォームに入力した場合

フォームを設置しているウェブサイトは更に赤色の警告が表示されます。
フォームに一文字入力した時点で警告アイコンと共に赤字の『保護されていない通信』という表示に変わります。

このサイトへの接続は保護されていません

まだあります。
「保護されていない通信」という気になる文字をクリックすると、次のようなメッセージが出ます。

SSL未対応のサイトにて、「保護されていない通信」をクリックした場合に表示される詳細情報

警告メッセージとして正しいのですが、とても怖い印象を受けますね。

企業のウェブサイトで、このようなメッセージが表示されたら怖くてすぐに閉じてしまいますよね。SSL未対応の企業はこのようにお客様を知らず知らずのうちに逃している可能性は十分にありえます。

早急に対策をすべき事案です。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ウェブサイトの「運営者側」も「訪問者側」も、SSLの必要性と見極め方を整理できたのではないでしょうか?

今や、小さいお子様からお年寄りまでいつでもどこでもインターネットを楽しむ時代。安全なウェブサイトで訪問者をおもてなしすることは、運営者の責務だと思います。
みんなで安全なインターネット環境を作りましょう!

ではでは、mahalo 👋